はいどーも!2年間、ロサンゼルスに住んでいたアキラです!
今回はアメリカのロサンゼルスで一体どれくらい生活費がかかるのかを書きたいと思います。

ロサンゼルスと言えば、ハリウッドやビバリーヒルズがあり、セレブが沢山住んでいます。そんなLAの生活費での生活費をまとめてみました。

DSC_0744

今回は、海外のブロガーさんが中心となって、各国の生活費についてブログを書いていたので、その流れに乗ってロサンゼルスの生活費を紹介しようと思います!

※ちなみに、僕はブロガーではないですw
 
家賃

まず、1番のウエイトを占める家賃について。
家賃は上を見るとキリがないので、今回は留学生の家賃と仮定します。

一般的にルームシェアというと、家賃は650ドル〜1200ドルの間です。

僕の住んでいた700ドルくらいの部屋はこんな感じ。
IMG_20120616_163457
アパートに3ベッドルーム+リビングがあり、3人で暮らして居ました。
この写真だとあまりスペースはありませんが、約8帖くらいの部屋。

このベッドがダブルベッドのロングサイズでかなりスペースを取っていましたが、それでもクローゼット&スーツケースを2つ開けるくらいのスペースはあります。

続きまして、僕が1ヶ月だけ住んでいた、自分のベッドルームに自分専用のバスルームが付いている部屋はこんな感じ
IMG_20120512_130053
左奥にはシャワーとトイレがあります。完全に自分専用。英語でマスターベッドルームと言います。

ルームシェアの家賃は650ドル〜1200ドルと言いましたが、900ドル以上出すとこんな感じのマスターベッドルームを見つける事も出来ます。

さらに、さらに、1200ドル以上出すと、、

ワンルームスタジオが借りれます。

日本で言う、ひとり暮らしの部屋に近い感じです。1人で住むのはあまり一般的ではないので、部屋を探すのがちょっと大変なのと、値段が高い。。ので留学生には向いていません。

IMG_20120913_133827

逆に

最安値で探すと、大学の近くで1ヶ月250ドルってのもありました。

ただし、、1つの部屋に2段ベッドが2つ。4人が1部屋+リビングで生活する感じ。2つ部屋がある場合だと、8人で2部屋+リビング。。

安さは魅力的だけども、ちょっと厳しいよね、、とも思います。

そして、朝のバスルームが大変な事になりますw
朝シャワー浴びる人も多いし、トイレとシャワーが同じ空間にあるので、3人でシェアしていてもちょっとドタバタしました。

食費

食費は自炊と外食で圧倒的な差があります。外食はいくら位かさらっと書いてみます。

安い日本食レストランに行けば、8〜12ドルくらい。
ファストフードに行けば、5ドルくらい。
フードコートに行けば、6〜8ドルくらい。
theファミレスに行けば、10~15ドルくらい。

14
こんな感じのTHEアメリカンなのは意外としますw

レストランに関しては、+チップがかかるので合計で15~20ドルくらい払います。
お酒を飲む方はさらに、ビール1杯5ドルくらいです。

なので日本よりも、外食の食費はちょっと高めです。
もちろん、チップを払うので長期間住むとグンと変わってきます。

ここに書いた値段は最安値だと思ってください。上を見たら家賃と同じで、ロサンゼルスだけあっていくらでも高いお店はありますwハリウッドもビバリーヒルズもロサンゼルスなので。

自炊した場合は、NYに留学しているプロ学生のSAGATさんが書いているのでチェックしてみてください。アメリカではまとめ買いがめちゃくちゃ安いので、自炊に特化したら食費は日本より抑えられます。

交通費

まず、ロサンゼルスの交通機関は最悪です。。
電車はないし、バスは来ない、車は大渋滞。そんなロサンゼルス。
A_011
(これ、Photoクラスで撮った写真w)

ちなみに僕が通っていた大学では、渋滞を減らそう。と言う事で、学生証があればバスはタダで乗れました!でも払っても片道1ドルです。高くても1.5ドルでバスには乗れます。

でもやっぱり、アメリカは広いので車をゲットする事をオススメします。なぜ車を買った方がいいのかはまた今度。

ガソリンは安く、40ドルもあれば満タンになりました。月にガソリン代が60〜80ドルくらいでした。ガソリン代上がったり下がったりしますが、まあ日本と比べたら全然安いので、当分はご心配なく。

注意点としては、パーキングが高いです。大きなイベントやクラブやバー付近、海沿いだと、10〜20ドルは普通に取られます。

その他、雑費

・日用品、洗剤、シャンプー、ランドリーなどなど、これは20ドルもあれば払えます。日用品はサイズがデカイので1回買えば3ヶ月位持つし、安いです。こだわらなければシャンプー等は1〜2ドルで買えたりも。

・携帯代。40〜60ドルくらい。街中にFree Wi-Fiがあるので、短期間ならプリペイド携帯の20ドルとかで充分だと思います。

・交際費。友達同士でやるようなハウスパーティーなら、1人5ドルとか10ドル。でも集めない時の方が圧倒的に多いので、パーティーにはタダでいけますw主催が全部払っていたり、みんなでビールを持ってきたりします。学生だと、パーティークラッシャーと言って知らないパーティーに勝手に突っ込んで行ったりします。これももちろんフリー。

・光熱費。英語でユーティリティといいます。物件とシェアする人数によってまちまちです。水道代は家賃に含まれている場合が多いです。あとはガス、電気、インターネット。3人でシェアしていた時は、1人辺り、全部合わせて30ドルくらいでした。

まとめ

まとめると、ロサンゼルスの生活費は約1400ドルかります!
雑費と食費でちょっと多めに計算しているので、節約しようと思えばまだまだ削ることは可能です。まあでも、何かと急な出費は付き物なので多めに見ておきましょう。

内訳↓

家賃+光熱費で約800ドル
交通費が約100ドル
雑費が約200ドル
食費が約300ドル

P.S
ブログ用の写真を探していたら、本当にロサンゼルスに戻りたくなりました。毎日のように戻りたいと思っていますが、写真を振り返るというのは凄まじいですw

ということで
ロサンゼルスに行く人は
Bon Voyage!!

ではまた
@akira_caでした。