エアアジア国際線、日本発便のチェックイン方法について説明します、アキラです!

LCCと聞くと、手続きがちょっと面倒くさいかとイメージされるかも知れませんが、

エアアジアはとってもシンプルです!
では取り急ぎ、行ってみましょう!


あ、動画も作ったのでこちらもぜひ!

 

チェック方法は大きく分けて3つあります。
 
1.ウェブチェックイン

パソコンからウェブチェックインをします。 

まず初めにエアアジアのサイトへ行きます。
予約番号を入力し、あとは案内に従って、ポチポチと進めて行きます。

このタイミングで手荷物や座席を選びます。

最後にチケットをプリントするような画面が出てきます。

エアアジアの場合、チケットは印刷してもしなくてもどちらでもOKです。

飛行機に乗る時、エアアジアに限らず、実はパスポートさえあればチケットを発券してくれる場合がほとんどです。

心配な方は念のために予約番号はメール等に保存しておきましょう。 


出発当日は空港でエアアジアのカウンターを目指します。
 
ウェブチェックイン済みのレーンに並び、カウンターでチケットを発券してもらいます。

機内預け荷物がある場合は、このタイミングで預けます。

※国際線はウェブチェックイン済みでもカウンターへ行かなくてはなりません、預け荷物がない場合でも。(日本国外だとそのままゲートに向かえる場合もあります)


2.モバイルチェックイン

スマホからアプリを使ったチェックインする事をモバイルチェックインと言います。


エアアジアのアプリをダウンロードします。
パソコンから手順は同じで、まず予約番号を入力します。

その後は案内に従ってポチポチと進めて行きます。

流れは全て、ウェブチェックインと同じです。

出発当日はエアアジアのカウンターでチケットを発券してもらいます。 
パソコンの場合と同様に、ウェブチェックイン済みのレーンに並びます。


3.何もしないw

出発前に時間がなかったり、ウェブチェックインをし忘れてしまった場合。
直接カウンターへ行き、パスポートを見せて、チケットを発券してもらいます。

これだけです。

海外の他社LCCだとペナルティ等ありますが、日本発の便では特にペナルティの手数料等はかかりません。

ただ、ウェブチェックイン済みの列と比べると並ぶ時間はかかります。


補足

ちなみに、細かい豆知識的なのですが。

・スマホからアプリでなく、ブラウザを使ってチェックインも出来ます。この場合はウェブチェックインとなります。

・パソコンからウェブチェックイン後に、スマホアプリから予約状況を確認すると、チェックインが出来ません。

これはウェブチェックインとモバイルチェックインが連動していないだけで、問題はないです。

カウンターに行くと、チェックイン済みになっているのでご心配なく。
 

まとめ

2015年8月25日現在では、エアアジアのマレーシア国内での国内線(AK便)以外は、何も準備せずにカウンターへ行っても手数料はかかりません。(エアアジアのマレーシア国内線だけ注意が必要)

なので、日本から国際線のエアアジアを利用する場合、LCCだから大変、、という感じは全くなく、

気軽に旅行を楽しめる事ができます!


※追記 
2016年9月1日時点で確認時にはE搭乗券が利用可能になっていました!
ただ、残念ながら国内線では利用出来ません。
詳しくは今度エアアジアを利用した際にレポートしたいと思います。 

ではまた
Bon Voyage!!
@akira_caでした。