DSC07979

はいどーも!アキラです!
今回はホーチミン空港の乗換方法について紹介します!

ホーチミン空港はとても大きくアジアのハブ空港と呼んでも過言ではないでしょう。

大きいですがとても移動しやすい空港です。

ちなみに今回は国際線から国際線への乗換方法になります。
動画も作ったのでぜひこちらも↓



さてさて、前置きはこれくらいで取り急ぎ行ってみましょう!

 
①トランスファー/Transferの看板を探す!

まず飛行機を降りたらTransfer(トランスファー)の看板を探します。

探すもなにも、

人の流れに沿って歩いていくと見えてきますのでご心配なく。

ホーチミン

途中からTransferじゃなくて、Transfer Counterとかの表示になってたりもしますが、

空港

同じなので気にせず進みます。

※国際線から国際線への乗り換えの場合は入国審査はありません。


②手荷物検査を受ける

写真は撮れないので手荷物検査の様子を紹介することは出来ませんが、

出国時に受けるような簡易版の手荷物検査を受けます。

飛行機から出てきた人しかいない場所なので、基本的には緩い検査です。

形式的に行っているような感じ。

ちなみにこのタイミングでの荷物検査は、

真面目にやってる国と投げやりな国があります笑

前のフライトですでにチェックされているはずなので特に没収されるモノはないです。


③ゲートを探す

手荷物検査を抜けると出発のターミナルへ抜けます。

ここで乗り換え先のチケットと電光掲示板を照らし合わせ搭乗ゲートを探します。

Gate

もしチケットを持っていない場合はTransfer counter(トランスファーカウンター)に立寄り、チケットを発券してもらいましょう。

 
④フライト時間まで待つ

ここまで来ればもう普通に飛行機に乗るのと同じです。

DSC08034

ゲートまで無事に到着したら、ゲートの前でフライトを待ちます。

DSC08035

もし時間があれば、ラウンジに行ったり、免税品を買い漁るのも良いでしょう。


まとめ

こんな感じでホーチミン空港の国際線から国際線の乗換方法でした。

入国手続がないので30分もあれば正直乗り換えることが可能です。

もちろん飛行機は遅れる事があるので30分後のフライトをブックしたりはしないようにしましょう!

DSC08037

もし乗り換え時間が長い場合、例えば6時間以上とかある場合は普通に入国しても問題ありません。

正直3時間以上くらいでも問題はありませんが、

ちょっと時間がタイトなので、入国せずにこの方法で乗り換えたほうが無難です!


ではまた
Bon Voyage!!
@akira_caでした。