はいどーも!アキラです!

今回は海外で働く前に準備する5つの事についてです。

日本を長期間離れる事で色々な準備をしなくてはなりません。

正直、クレジットカードとパスポートがあればなんとでもなりますがw

渡航前に対応しておいた方が絶対に良い事を紹介していきます。

免許の更新

海外に長期で滞在する場合、免許の更新に行くことができません。

もちろん不在期間を証明すれば日本に帰国後、免許を更新する事が出来るそうですが。

地域によっても違いがあると思うので要チェックです。

また、免許の更新のついでに国際免許も発行しておきましょう。

国際免許は本人が日本に居なくても代理人を立てることで対応可能ですが、

なにかとめんどくさいので極力自分で行ける方は免許の更新と同時に申し込みましょう。

免許センターであれば、基本的に即日発行されるはずです。

 
住民票を抜く

住民票(海外移転届を出す)を出しておきましょう。

住民票が日本にない状態だと住民税を納める必要がなくなります。

これは市役所や支所で対応可能です。地域によっては郵送で対応してくれるそうです。

海外へ行く場合は、移転先に行く国名を書くだけで大丈夫です。 

1枚紙を記入するだけなので、必ず抜いておきましょう。 

ちなみに僕が提出した地域では提出の控えが貰えないので少し心配でしたw
 
健康保険

企業に努めている方は社会保険に自動で加入している場合が多いと思います。もしくは国民保険。

こちらは住民票を抜いた時点で自動的に請求が来なくなります。

僕の場合は退職時に、社会保険から国民保険に切り替えるタイミングで、

国民保険に加入しない。という選択肢があったので、それを選びました。

また、退職後から出国までの期間に国民保険に切り替えている方は注意ですが、

住民票がない時点で自動で国民保険も外されます。 その後請求が来ることはありません。

国民年金

海外移転届済みの人は任意加入となります。

つまり払わなくて良いのです。払わなくて良いというか、

住民票を抜いた時点でこれも請求がこなくなります。 

海外在住期間は収めない期間として空白期間となります。

年金受給額が少し減るとの事(そもそももらえませんが、、)

また年金は住民票がない方でもい任意加入が可能なので、海外在住中も収めたい方は手続きを踏んで収めましょう。

歯医者に行く

ズバリ歯医者に行きましょう!

海外在住中も海外旅行保険で大抵の病気や怪我は対応できますが、歯の治療のみ保険外になります。

サポートされたとしても保険会社によっても違いはありますが、治療費の50%まで等様々な条件があります。

特にアメリカは歯の治療費が高いので渡米する前に日本で虫歯を治しておきましょう。

特に虫歯がない状態でも、クリーニングや定期チェックとして歯医者へ行くべきです!

というのも。。 

僕は虫歯がないと思っていましたが、2箇所も虫歯でしたw

いやー、、海外行く前に行ってよかったと心から思いました。

ちなみに治療に時間がかかる場合等ありますがので、渡航直前でなく早めに行きましょう。

治療後も詰め物が外れてしまった。やかみ合わせが合わない。。などトラブルは考えられます。

僕は出発ギリギリで焦りました。。

まとめ

各種手続きがありますが、特に心配することはありません。

基本的には住民票を抜いておけば、そもそも請求が来ない状態になります。

色々な情報がネット上にすでにあがっていましたが、1つにまとまっているのが中々なかったので、まとめてみました!

ではまた
Bon Voyage!!
@akira_caでした。