いよいよ、ブラジルではワールドカップが開催されますね。
治安や交通機関など、難易度が高いブラジル大会。タクシーでの移動も多くなると思うので、混雑の時、タクシーに乗れる方法を書きたいと思います。

今年のカーニバルの時も、交通機関は麻痺し、最寄りの地下鉄の駅は封鎖され、男3人でタクシー拾うのに4時間以上かかりました、、笑

でもこの方法を思い付いて試したら1台目で目的地まで辿り着くことが出来ました。


1.タクシーが拾いやすい、ホテルの前で構える。
 ・流しのタクシーは、ほとんどいないので、ホテルの前や人が乗り降りするポイントから乗りましょう。流しのタクシーを拾えたとしてもちょっと怖いし。。タクシーに乗ってくる人が降りる瞬間しかチャンスはありません。

2.全力で!周りに負けず、ドライバーと交渉。
 ・現地のブラジル人や他の観光客もタクシーがきた途端に囲い込みます。周りの人も同様に身動きが取れなくなっているので、ここは全力で。ホント早い者勝ちです。

3.同じ目的地に行く人との相乗り。人数が多い方が別れて交渉出来るので有利。
 ・ホテル等が何件が並んでいる場合は、1箇所でなく別れてタクシーを見つけれます。

4.倍の金額を提示する。例えば、相場40レアルで行ける場所なら80レアルで、交渉。
 ・これが1番大事です!!!!

カーニバルの時は、目的地のサンボドロムという会場には多くの人が向かうため大渋滞。さらに途中にもローカルなカーニバルがあったりで、道が封鎖されている。ということで、ドライバーはお客が拾えても、そっちの方向には行きたがらないんですね。。

でもここで、相場の2倍の金額を提示すると「まじで!?おっけー!」ってなります。笑

僕はポルトガル語もスペイン語も話せませんが、行き先(ポルトガル語で書いたメモ)とお札を見せて英語で80リエル!80リエル!と言ったらなんとか会場まで行けました。

日本人は金を出すぞってイメージを付けてしまったり、色々な問題はあるかもしれませんが、
4年に1度のワールドカップ。ブラジルまで来て、直前で試合が見れなくなるくらいならこれくらいの交渉はありかな、と個人的には思います。

普通にタクシー探してたら、4時間以上かかりました。男3人で分担して、さらにホテルのフロントマンにも手伝ってもらっても。ヘタしたらもっとかかっていたかもしれません。それくらい移動には苦労しました。。予想を遙かに超えてきます。。

前もって準備が出来るならタクシーをチャーターするなりした方が良いです。当日だとホテルでも今日はタクシーを呼んでも来ないよhaha って感じだったので。笑

※外で財布からお金を出すのは危ないです。ポケットに突っ込んどくか、周りに見えないように手に握りしめておいたり、ドライバーと交渉する時だけ出してください。交渉術として、ドアが空いている時に、とりあえず座ってしまうしまうのもありかもしれません。

※あくまでも自己判断でお願いします。


では、ブラジルワールドカップ楽しんできてください!!
交通機関が麻痺している時、他のイベントや空港に行く時にでもこれは使える方法だと思います。